2007年11月30日

テラ・メロス?

Tera Melos 『Drugs To The Dear Youth』 ★8.5

カリフォルニア・サクラメントの3人組、テラ・メロスのEP。最近、By The End Of Tonightとのスプリットアルバムを出したみたいですが、そっちはまだ聴いてません。あしからず。彼らの音はこのEPで初めて耳にしたんですが、いや、これはカッコイイですね。アマゾンの方でCap'n JazzのメロディにBlack Flagのアグレッシブを兼ね備えた、とか(英文で書いてあるんで合ってるか不安ですが)書かれていますが、オイオイそれは褒め過ぎだろうと思いながらもちょっと納得してしまうぐらいの内容です。曲の進行がやたら複雑でアヴァンギャルドなのにもかかわらず、エモーショナルでキャッチーなギターの響きに泣かされます。Hellaをもっとエモくした感じか。おすすめ。



3ピース+サンプラーっていう編成みたいですね。LIVE↓






You've Got Foetus On Your Breath 『Deaf』 ★8.5

この人は確かいろんな変名があってあまり把握できていないんですが(どの名義にも必ずFoetusという単語が入ります)、調べたところによるとこれが1stアルバムらしいです。オーストラリア出身のJ.G.Thirlwellという人の一人プロジェクトで、81年頃から活動してるらしい。最近、アルバムがいくつか再発されたみたいです。ジャケがどれもカッコイイですね。音としてはThrobbing Gristleとか暴力温泉芸者、あるいはMark Stewartとかに近いインダストリアル・ノイズっていう感じだけど、なんかホントにどう表わしていいか良く分からない、聴いてるとなんか不安に苛まれてくる、そんな音楽です。そんな作品をどうして紹介するんだっていう感じですが、フィータスのライブ映像が見たいなとふと思い立ち探したら、結構あったので、まあ、ついでというかw。ちなみに2005年に出した8枚目のアルバムが最新作みたいです。



2000年9月のLIVEだそうです。↓



↓の2つもフィータスなのかなー???Skull Discoみたいでカッコイイ。





posted by ケニー at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

リップ!

RIP SLYME 『FUNFAIR』 ★7.5

リップ・スライムの6枚目になるニューアルバム。シングル「熱帯夜」と「SPEED KING」が収録されてます。ポップなパーティーチューンは勿論のこと、アルバム最後の曲「流れの中で」のようなメロウで切ない楽曲もまた良い。やっぱり器用ですね、彼らは。でも、そういったセンスの良さが仇になってるのか全体的にまとまり過ぎちゃってる感もありますね。逸脱がないというか。そんな中、MONGOL800とコラボしている「Remember」とかちょっと新鮮でイイ感じなんで、どんどんいろんな人とコラボレーションすると面白くなるんじゃないかな。前のくるりとのヤツも良かったし。ちなみに、8曲目にCOMA-CHIもゲスト参加してます。



お姉ちゃんたちセクシーだなあ。「熱帯夜」PV↓






DJ Klock 『San』 ★9.0

前回のエントリーにちょっと名前の出てきたDJクロックの3rdアルバムです。彼が亡くなったのが今年(2007年)の4月らしいからこれが遺作になるんだろうか。僕はこのアルバムの中の「Dakota」という曲がスゴく好きで今でもよく聴いています。このアルバムの中に詰まった楽器や声などのあらゆる音の動きとか響きとかが、なんだかもの凄く瑞々しい。すこぶる感動的な作品です。もっとこれからもDJクロックの新曲を聴きたかったな。本当に残念。遅まきながらご冥福をお祈りします。



「Theme」PV↓



これはPVなのかよく分かりませんが、1stアルバムの1曲目「Ensemble For The Weaks」のショートVerがあったんで。↓

posted by ケニー at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

二階堂和美とか。

二階堂和美 『ハミング・スイッチ』 ★8.0

日産マーチのCMソング「ハミング・スイッチ」が入った6曲入りミニアルバムです。サザンの名曲「真夏の果実」や、さだまさしの「関白宣言」などのカバーが収録されています。プロデュースは前作『二階堂和美のアルバム』に引き続きイルリメが担当。6曲目の「Lovers Rock」弾き語りVerなど文句なく涙腺を刺激されますけれど、しかし、このアルバムの目玉は何と言っても2曲目の「関白宣言」でしょう。あの男尊女卑な歌詞をにか嬢が歌うと、これがなんともチャーミング!可愛いすぎです!



「Lovers Rock」LIVE↓






七尾旅人 『911Fantasia』 ★9.0

七尾旅人の3年ぶりの新作アルバムは超弩級の3枚組です。あの9.11から五十年後の未来の物語が、生き物のように不気味に蠢く音像の中で紡がれていく。正直こんな作品はちょっと聞いたことがないですね。まあ、不意に現れるメロディとかだけ聞けばなんとなくJ DillaとかDJ Klockとかのブレイクビーツが思い浮かぶかもしれないけれど、でも、やっぱりこれは誰とも似ていない気がする。七尾旅人だけの極私的世界。きっとダメな人は全くダメなんじゃないかな。でも僕としては好き嫌い云々よりもこの唯一無二な感じを評価したいです。こんなことは七尾旅人しかできないし、やらないでしょう。いろんな意味で圧倒的です。この人はこの先一体どうなるんだろう?



2nd『ヘヴンリィ・パンク:アダージョ』から「エンゼルコール」PV↓

posted by ケニー at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。