2008年03月05日

お知らせ。

えーと、方針の変更っていうか、これからは一日に2作品紹介するときも別エントリーに分けてアップしていこうと思います。その方が過去の記事とか探し易いって友人に言われまして。っていうことで、前のヤツも徐々に直していきますので、よろしく。
posted by ケニー at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CAPOTE。

ベネット・ミラー 『カポーティ』(2005) ★8.0

トルーマン・カポーティのノンフィクション・ノベルの傑作『冷血』が書かれるまでを描いた伝記映画。カポーティを演じるフィリップ・シーモア・ホフマンはこれでアカデミー主演男優賞を獲得しました。『冷血』という小説は僕は読んだことないんですが、実際に1959年に起きたとある田舎町での一家惨殺事件を取材したノンフィクションの小説らしくて、映画ではその殺人事件の犯人とカポーティとのやりとりが中心になって進んでいきます。カポーティは最初ただ面白いネタとして犯人であるペリーとの接触を試みるんだけど、彼と話すうちに徐々にその奥深く暗い精神に魅了され始めて「これは傑作になる」と予感する。んで、逆にペリーの方は、カポーティの柔らかい物腰と対応から自分の立場を擁護してくれるのだと信じ始めてカポーティに全てを任せるんだけど、自分のことを書いた小説のタイトルが「冷血」だと知って、ショックを受ける。結局、二人の形だけの友情はペリーの絞首刑で幕を閉じ、カポーティはこの体験からそれ以降一作も小説を完成させることができなかった、らしい。カポーティは最初のうちはペリーに有能な弁護士を用意したりしてかなり好意的なんだけど、途中から精神的に重くなり過ぎてきてペリーの死刑執行を待ち望むような心境にさえなる。この辺がけっこうイイ。例えるなら、ちょっとした軽い善意でイジメられっ子を助けたらそいつに妙になつかれ始めてなんだかうざくなってきたっていう、その感じよく分かります。でも、言うほどカポーティは冷酷なヤツっていう描かれ方ではなくて、むしろカポーティ本人さえ善意から彼を助けようとしてるのか、単に話題性のため接触してるだけなのか分からないような、どっち付かずの演出になってて、これは上手いと言えば上手いような気もするけど、中途半端と言えば中途半端な気もするし、んー微妙ですね。もしかしたら、監督としては「冷血」なのはむしろカポーティの方だと言いたいのかも知れないんだけど、ちょっと伝わり辛いのが勿体ない。でも、監督、長編二作目にしてはなかなかイイと思った。

あと、「CAPOTE」ってフランス語だとコンドームの意味になるそうです。可哀想な名前。

posted by ケニー at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エラゴン。

シュテフェン・ファンマイアー 『エラゴン 遺志を継ぐ者』(2006) ★6.9

僕は良く知らないけど、原作はクリストファー・パオリーニという人のベストセラー小説らしくて、監督のファンマイアーはこれがデビュー作でジョージ・ルーカスの「ILM」に長年在籍していた視覚効果のベテラン技術者だったらしい。確かに、CGやその動きはかなりリアルでさすがハリウッドな感じなんだけど(ドラゴンの空中戦は視覚的アトラクションな感じでなかなか楽しい)、問題は映画の尺が短過ぎるっていうこと。だって、上映時間104分って、ちょっとしたB級映画並じゃないですか。原作のスケールがどれほどなのか分からないんだけど、話の筋と世界観から推測して『ロード・オブ・ザ・リング』ぐらいの規模だとするといくら何でも二時間か二時間半は欲しい。だから、コイツは展開がかなり無茶なことになってて、主人公のエラゴンが未熟な若者でバカっていう設定だとしても、いきなり悪の巣窟に王女を助けにいく!って言って単身突っ込んでいくのはいかがなものか。んで、ご都合主義的に王女を助けたはいいものの、そのエラゴンの無茶の所為で渋くて頼りになる先輩ドラゴンライダーが致命傷を負い、早々に死ぬっていう流れはちょっといろいろスッ飛ばし過ぎで、なんて勿体ないエピソードの使い方なんだって思った。終わり方からしてたぶん続編があと1、2本あるっぽいけど、だったら一作目でこんな窮屈なストーリー展開にしないで、『ロード・オブ〜』のように三部作で一つの映画を作るような贅沢な構成でいけばいいのに。ヘタに一作ずつ起承転結を盛り込むと、これほどのスケールの話だからやっぱりいろんな部分が削られ過ぎて、「かつての戦乱の時代‥‥」とか言われても歴史観が希薄であんまりリアリティないんだよね。架空の物語だからこそどういった歴史を歩んできたのかちゃんと見せないと、その世界観に入り込めないっていう。今回では、王女を助けるところまでをしっかり描けば良かったような気がする。とにもかくにも先輩ライダーを殺してしまったのはもったいない。



予告。↓


posted by ケニー at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。