2008年03月12日

メイシー。

The Mae Shi 『Hlllyh』 ★8.4

在籍していたレーベル5RCの閉鎖とかリード・シンガーの脱退とかすったもんだあった挙げ句やっと2008年に到着した、ザ・メイ・シーのポップに進化したニュー・アルバムです。って、言っても僕は彼らのことは何も知らなくて、上の情報はライナーからのモノですよ。5RCにいたっていうことで、勝手にHellaっぽいアグレッシヴな感じを想像してたんですが、このアルバムはどっちかと言えばDeerhoofの方に近い、可愛らしいアヴァン・ポップ・アルバムになってます。元々はこんなにポップじゃなかったらしいんだけど、今作から結構変わったみたい。でも、僕はこの感じ好きです。DeerhoofとAdvantageとWeezerとBlood Brothersが混ざったような感じというか、泣ける歌モノとかエレクトロ・ポップな感じとかハードコア・パンクとかL.A.の大学生みたいなノリとか、ころころと目まぐるしく展開していって、聴いてて楽しい。ライナーにもあったけど、ちょっとAnimal Collectiveの祝祭的な感じもどことなく。いろいろ紆余曲折あってこういうポップなところに到達するっていうのは、なんかその苦労が忍ばれて泣けますね(って、ちょっと感情移入し過ぎ?)。



「Run to Your Grave」PV。↓

ラベル:USインディー
posted by ケニー at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狂うクルーだよ。

kuruucrew 『BATTLE DISCO』 ★8.6

バンドの出自は僕はよく分かりませんが(円盤系なのかな?)、その前評判から気になっていたkruucrewのデビューアルバムです。いやー、このアルバムはめちゃめちゃテンション高くて、すごく気持ちイイっすね。例えるなら、Struggle For PrideのブラストビートにLightning Boltのどこまでボールテージ上がんの?っていうアゲアゲなベースが乗っかって失速知らずで、頭からケツまでグウィングウィンいく感じ、とでも言ったらいいでしょうか。とにかくチョー元気で、#1から一気にもってかれます。爆音で聴いてると、部屋で一人でモッシュしたくなってきて困りますよ(実際、ライブハウスでもモッシュなんかしたことないけど‥‥)。キンキンに咆哮しているギターも、耳に優しくない感じでかなりノイジーで、そのままノイズファンとかにもオススメです。なんか#3に中原昌也(Hair Stylistics)も参加してるっぽいし。コイツはノンストップで40分一曲とかでも聴けるんじゃないですかね。んー、燃える。ジャケもカッコイイ。



LIVEです。↓

posted by ケニー at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。