2008年03月21日

紀子の食卓。

園子温 『紀子の食卓』(2005) ★5.4

『うつしみ』や『ハザード』の園子温監督が「家族の再生」をテーマに描いたドラマ。主演が吹石一恵。僕は観てないんですが、劇中で『自殺サークル』のシーンが何回か出てきて『紀子〜』もあの世界、テーマと地続きにある構成になっています。これは僕のあまり得意ではない「生き直し」系ど真ん中っていう感じの話で、まあ簡単にあらすじを説明すると、自分のことを全く理解してくれない家族を捨てて家出をした紀子(17歳)は、一人で東京に出てくるんだけど、頼るツテもないからネットの掲示板で知り合った「上野駅54」という人物に「会えませんか?」と尋ねると「じゃあ上野駅に11時」っていうことになって、紀子は上野駅54=クミコ(つぐみ)に出会う。で、クミコはレンタル家族っていう仕事をしてて、つまり出張イメクラみたいなお客さんの注文でいろいろな疑似家族を演じるというモノで紀子もそこのメンバーに入れてもらい「ミツコ」と名乗って別人を楽しんでいる。でも、最終的に娘の居所を突き止めた父親(光石研)がそのレンタル家族を頼んで再びかつてと同じように実の娘と食卓を囲むんだけど‥‥。
僕が観ながら思ったのは、なんか遅れてやってきたケータイ小説みたいな話だなーっていうことで、出てくる設定とかエピソードがどれもなんか安っぽいっていうか嘘臭いんですよね。「コインロッカーで生まれた赤ちゃん」とか「ネット上の自殺クラブの存在」とか「レンタル疑似家族」とか、一つ一つの設定がなんか鼻白む感じというか、どこぞのゴシップ誌にわんさか書いてありそうなネタというか。で、そのクセに言わんとしてることは随分スケールの大きな誇大妄想的なことで(世界の成り立ち云々とか)、瞳孔開きまくって意味分かんないことを口走り始めた人間を前にして「はあ‥」としか言えないような、そんな感じな訳です。こういう所は、塚本晋也なんかとすごく似ている気がする。そこには、典型的なルサンチマンと安いハッタリしかないっていうか「なんだか、相変わらず大げさだなあ」みたいな。これだったらドグマ95でラース・フォン・トリアーとかトマス・ヴィンターベアとかがもうすでにやってたじゃんって思うし、彼らの方がずっと上手かったような(まあ、あれも大げさなハッタリをもっともらしく観せるのが上手かったっていうことなんだろうけど)。でも、紀子の妹ユカ役の吉高由里子ちゃんは良かった気がする。特に、なんてことない表情とか。でも、そこに執拗なまでにナレーションが被さってくるのが何ともいただけない。



予告。↓

ラベル:邦画
posted by ケニー at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。