2008年05月17日

ジョゼ観ました。

犬童一心 『ジョゼと虎と魚たち』(2003) ☆8.0

今更ながらやっと観ました。池脇千鶴ファンでコレを観てないなんていかんいかんと思いつつも、脱ぐとか脱がないとかいう噂がちらほら聞こえてきてちょっとドキドキしながら観たんですけど、千鶴ちゃんあっさり脱いでてカッコ良かったなー。日本の女優さんってホントにみんな脱がないからね。
簡単にあらすじを説明すると、主人公の恒夫(妻夫木聡)は雀荘でバイトしながら大学に通っているどこにでもいそうな普通の若者なんだけど、ある日の早朝、雀荘のマスターから愛犬の散歩を頼まれ、人気のない住宅街を歩いていると坂道を乳母車が滑走してきて、恒夫の目の前で壁にぶつかって止まる。恒夫は雀荘で聞いた「乳母車を押す妙な婆さん」の話を思い出し、戦々恐々。曰く「その乳母車の中身は誰も知らない」という。で、その乳母車に恐る恐る近づき、そこに掛かってる毛布を除けると、実は中には池脇千鶴演じるくみ子がいて、彼女は足が悪くて歩けないので婆さんが乳母車で散歩に連れて行っていたワケです。恒夫は何となく成り行きでくみ子=ジョゼと婆さんの二人暮らしの家にお邪魔して朝ごはんをご馳走になって、それ以降もちょくちょく遊びにくるようになってジョゼとちょっとイイ感じになって、と、まあそういうことになる。この恒夫っていうのは基本的に安い人間でして、イケメンゆえ女性関係にも不自由しないから女の子を取っかえ引っかえしてて(イライライライラ)、僕が最高にムカついた&ある意味秀逸だと思ったシーンが、朝ご飯を一回ご馳走になっただけのクセに、コイツは次に訪ねて行った時、あろうことか玄関先で「あー、オレ。オレだけど」って言うんですよ!第一声がオレって!一回飯食っただけで大黒柱気取りか!テメー!もう、ね、この瞬間に完璧コイツの激安人間っぷりがよーく分かって、これはすごく上手いなーと青筋がピクつきながらも感心しました。そしてまた妻夫木がすごく「っぽい」。このダメ爽やかな感じというか、人生ナメ切ってる感じというか。この辺でハッピーエンドではない感じっていうのが早くも察知されたんだけど、でも思ったより堕ちていかない。僕が観ながらイメージしたのは、最近良くある身内を何年も監禁するような一連の事件で、このプロットはもっと悲惨で醜悪なモノになる可能性を秘めていて、リアルに描こうとすればそうならざるを得ないような気がするんだけど、これは何となく寓話的にフワフワしている。ジョゼの境遇はつまるところ「可愛いくて足が不自由でツンデレな女の子」っていう萌え要素=幻想でしかなくて、恒夫が最終的に元サヤの彼女(上野樹里)に戻るのもよく分かるし、それが狙いだと思うんだけど、でも、この幻想が作っている側からも実は無意識に共有されてる気がして、なんかどうにも釈然としない。恒夫が親戚の法事にジョゼを紹介する為に連れて行こうとして、途中で気後れしてやめるシーンがあるけど、あれはそのまま作り手の気後れを表してるような気がするんですよね。だって、そもそも婆さんはジョゼを恥ずべき欠陥品だと思ってるのにわざわざ散歩に連れて行ってるし、隣の変態はなぜかジョゼのおっぱいにしか興味ないし、なんか変に親切な設定だなーっていう。別に悲惨で醜悪にすればいいってもんじゃないものの、ジョゼが恒夫以外の男とセックスする描写は必要なんではないかな。隣の変態か、施設仲間の幸治(新井浩文)か、あるいは別の誰かと。そうじゃないと幻想はいつまでも維持されて、結局ファンタジー世界の出来事みたい。二次元美少女にハマっちゃって、こりゃいかんってなってリアル彼女の方に戻ったみたいな。どうせファンタジーなら、いきなりジョゼの足が治って歩けるようになったことで何ら普通の女の子になってしまって、とかそういう展開とかがあったら良かったような。まあ、全然悪い作品じゃないけどね。くるりの音楽もいいし。



予告。↓


posted by ケニー at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。