2008年05月26日

アタシの記憶。

堤幸彦 『明日の記憶』(2005) ☆7.6

荻原浩の同名小説を、渡辺謙主演で映画化。広告代理店のやり手ビジネスマンが、ある日突然アルツハイマー病だと診断され、その後ゆっくりと今までの記憶を失っていく過程を描いた秀作です。あらすじは、まあそんなところなので割愛しますが、僕は個人的にこういう脳の機能障害みたいな事例が好きで、好きって言うと語弊がありますが、なんていうかとても興味が尽きない現象だなと思う。脳のここやあそこが破壊されると、例えば、言葉の意味が理解できないとか、人の顔が認識できないとか、ホントにあらゆる異常なことが起きる可能性があって、それが恐ろしくもあるし、非常に興奮するところでもある。オリヴァー・サックスの『妻を帽子と間違えた男』とかね。

とはいえ、今作がそういったある意味下世話な興味を満たしてくれるかっていうとそんなことはなくてですね、これは基本的に真実の愛とは何か?みたいな物語で、主要な場面は渡辺謙演じるアルツハイマーの佐伯雅行とその妻、枝実子(樋口可南子)との魂の交感というかそういうヒューマニスティックな感じに終始してて勿体ない。僕はアルツハイマーに関しては記憶を失うっていう程度にしか知らないですが、どの記憶が失われてどの記憶は失われないのかっていう、そのラインが気になってしょうがない。おそらく実際には個人差があるんだろうし、医者にもはっきりしたことは言えないんだろうけれど、やはりこの主人公の記憶障害は、製作者の意図に沿った記憶障害だという感じがしてしまう。「物語」に回収される為にあるっていうか、それを補強する為にあるっていうか。

一番あり得ないと思われたシーンが、病状がある程度進行している後半、佐伯はかつて妻と訪れた思い出のある陶芸作家(大滝秀治)の元へと一人でフラフラと向かって、持っていった素焼きの茶碗を焼いてもらうんだけど、その火(窯焼きじゃない焚き火みたいな感じの)を囲んで爺さんと飲んでたら寝てしまって起きたら朝になってて、爺さんは居なくなってる。で、佐伯は周りをきょろきょろ見回して「爺さん〜どこだ〜?」って叫んで、ここらで僕の中の嫌な予感が発動してんですけど、おもむろに向き直った佐伯は何の躊躇も混乱もなく目の前の燃えカスの中から茶碗を掘り出して、持って歩き出すんですね。それはちょっとさすがにご都合主義だろう、と。なぜ、昨晩の茶碗のことを忘れてないのか?おそらく昔のことほど覚えているっていうのは実際あると思うし、だからこの山の中まで来れたんだろうけど、でも昨晩の茶碗だからねえ‥あそこで記憶障害がちょっとも出てこないのはなあ‥‥。だって電子レンジでおかずを温めてる間に食べるのを忘れちゃうような人なんですよ。だったら、最終的に茶碗を手にするとしても一回は忘れかけて山を下り始めるんだけど、慌てて思い出して掘り返しに戻る、とかでしょ。そのまま忘れ去るのも残酷で良いと思うけど。たぶんそっちの方がリアルだしな。あらゆる症状に意味を求めたがるのは心情的に分かるけど、残念ながらそんなモノではないと思います。



公式サイト。↓

http://www.ashitanokioku.jp/
ラベル:邦画
posted by ケニー at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。