2009年01月28日

saue to royoshi。

サイプレス上野とロベルト吉野 『WONDER WHEEL』 ☆8.7

前作『ドリーム』から早2年、待ちに待ちましたサ上とロ吉の2ndアルバムです!参加アーティストに、SLY MONGOOSE、 宇多丸(RHYMESTER)、 将絢(Romancrew)、 ZZ PRODUCTION、 RYUZO、 竹内朋康など。プロデュースに、前のエントリーで紹介したおなじみLatin Quarter、SCARSの新作でも名を連ねてたBACHLOGICなどが曲を提供しています。

本作は前作以上にHIPHOP、ロック、ハードコア、ダンス、エレクトロ、お笑い(?)などなど、ハイテンションなジャンル混交ぶりにクラクラ。Latin Quarterのスウィートでキラキラした流石にカッコいいタイトル曲#3に始まり、HIPHOPへの愛を余すことなく綴った、サビのスクラッチが泣ける#4「START LINE」、今までのサ上とロ吉にはないディープなノリで新鮮なSLY MONGOOSEをフューチャーしたダンス・エレクトロな#10「FEEL LIKE DANCE」、サイプレス上野が照れながらも自身の母ちゃんに捧げた名曲#15「Dear MaMa」など、全体通してポジティブな空気に満ち溢れた、まさにワンダーな感動作。彼らのこの「楽し過ぎて、やめられないっしょ!」っていう感じが前作とかもそうだけどホント気持ちいいー。聴いてるこっちもいつの間にかサ上とロ吉クルーの一人のような錯覚に陥って、ほくほく気分でビート・シンク。このご時世、派遣村辺りに何枚がバラまいてきたらちょっとは世の中明るくなるんじゃないかな〜っていう現代のネズミ小僧的な何か!HIPHOPミーツallグッド何か!ライブ見たい!

↓そういえばジャケの絵、サ上の母ちゃんに書いてもらったらしい。ポップ。



#3「WONDER WHEEL」PV。↓

タグ:HIPHOP
posted by ケニー at 17:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。