2008年07月26日

最高のつくりもの。

安室奈美恵 『BEST FICTION』 ☆9.4

小室哲哉のプロデュースを離れ、新たなスタイルを模索し出した2002年『Wishing On The Same Star』から、9年ぶりにオリコン一位に返り咲くことになる最新シングル『60s 70s 80s』まで、新生・安室奈美恵の6年間の集大成となる、シングル全17曲を収めたベスト・アルバムです。

90年代を通して、小室哲哉とともにJPOPの頂点を極めたと言っていい彼女ですが、2000年代に入ってからは、CDセールスの不調、SAMとの離婚、息子の親権問題、実母・恵美子さんの訃報(これは1999年)とか、本当にめちゃくちゃ辛かっただろう時期を経て辿り着いたのが、本人曰く「最高のつくりもの」であるという本作で、そういった道程を思うと非常になんか、感慨深く、感動的な作品です。とはいえ、「ベスト・フィクション」の名の通り、ここには湿っぽいヒロイズムや苦境を乗り越えて作られたような汗臭さみたいなモノはなくて、あるのはキラキラしてて軽やかで、色っぽくてソウルフルで、力強くて解放的で実験的なダンスチューンの数々。苦難を二重写しにして泣くのは聴き手の勝手だけど、僕が思うにこのアルバムはそういうのを望んでいなくて、安室ちゃん本人ももうそこには留まっていないようなそんな感じを受けます。だからこその「フィクション」だし、「フィクション」じゃなければ到れないそのリアリティに、僕も頑張らないとな!って素直に励まされます。どの曲もちょーカッコいいしね。

しかし、新生・安室ちゃんはカラオケで歌うには総じて難しい!



カッコ可愛すぎなPV。買うならDVD付きですよ、絶対。

#4「Put 'Em Up」↓



#8「GIRL TALK」↓

タグ:HIPHOP JPOP R&B
posted by ケニー at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103643783

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。