2008年08月23日

リアルのゆくえ。

『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるのか』 大塚英志+東浩紀 ☆8.3

大塚英志と東浩紀という新旧おたく/オタク評論家の計四回(2001年〜2008年)に渡って繰り広げられたガチ対談を収録した対談集@講談社現代新書です。

「ガチ」というのは誇張ではなく、途中のほとんど禅問答に近いやり取りにハラハラしますが、その甲斐あってかお互いの言い分は良く分かる。あまり簡単にするのもどうかと思うんで気になった人は実際読んでもらえればと思うんだけど、とりあえず互いの主張を僕なりに纏めると、東浩紀が「もう近代的なモラルとか常識とかそういった人間観には期待できないから、それを補完する為のシステムを構築して小さなコミュニティの中でそれぞれが暮らしていくべきではないか」という一方で、大塚英志は「そういった人間観に代表される公共性の在り方を諦めてしまったら、そもそも批評家として物を書く意義もなくなるし、それを取り戻すことが心底難しいとしても努力目標として絶えまぬ啓蒙を続けるべきではないのか」という感じの主張で、両著者のファンである僕としては非常にどちらの意見もその通りだな〜と首肯出来るんだけど、現実問題どうするかというとすごく難しい。

以前、クイック・ジャパンで小林よしのりと森達也の対談を読んだ時に感じたことと似てるんだけど、要は「人間を信じるのか?信じないのか?」っていうところで分かれる気がする。で、正直言えば僕も今や人間は信じられないと心情的には思っていて、街中を歩いていて一人言を喋っている人とか最近よく見ますが、やっぱりちょっと怖い訳です(かなり卑近な例でアレですが)。でも、そこで怖いから関わりたくないっていう心理が、そもそも全く普通の人々をも脅威的な怪物に見せてしまうという場合もあって、じゃあ一見怖いと感じてもすぐに結論を下さないでなるべく共生しようとすると実際にそいつが怪物みたいなヤツでマジで殺されちゃうということも起きたりし‥‥う〜ん、どうしたもんでしょうね?っていう感じになる。

だから、東浩紀的な未来予想図だとリアルmixiみたいな小さな共同体が林立する社会になるだろうっていうことで、それは確かに心情的にも分かるけれども第四章で秋葉原の事件を受けて東氏本人も言っているように個人の実存をmixiは保証する訳じゃないので、結局その安定が脅かされないという保証は出来なくて、故にシステムが構築された後も自分の実存の問題はまた別に自己解決するしかなくて、そう考えるとやっぱりその大塚英志が言うような実存を担保する為の理念形が重要なんじゃないかとも思われ、しかしそもそもそれを支える近代的な公共性がもう耐用年数切れだという認識からリアルmixi的な未来像が出てきた訳でさ‥‥‥‥んー、難し。

と、まあ本書でも何らかの結論っていうモノは当然ながら出ないんだけど、きっと小さなコミュニティが林立する社会では本書のような「ディス・コミュニケート」なやり取りももう見られなくなるように思われ、そういった意味では本書は貴重だし、そういうのがなくなるのが本当に良いのかちょっと考えさせられます。個人的にはお互い了解済みの和やか対談よりこういう闘争的な方が読んでて面白いし。


posted by ケニー at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105216610

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。