2008年09月19日

SAD VACATION。

青山真治 『サッド ヴァケイション』(2007) ☆7.0

青山真治監督の『Helpless』、『ユリイカ』に続く「北九州サーガ」最新作。本キャストも前二作と変わりなく、主人公の白石健次役に浅野忠信、その友人・秋彦に斉藤陽一郎、そのいとこの田村梢に宮崎あおい、といった感じ。まあ、青山作品にはおなじみのメンツですね。僕は青山監督の作品ではデビュー作である『Helpless』が一番好きなんですが(ちなみに二番は『月の砂漠』)、それ故に期待して観たんだけどちょっと微妙だったなー。まあ、とりあえず、簡単にあらすじをば。↓

かつて友人のヤクザ・安男と起こした事件から10年後(ぐらいかな?たぶん)、健次は安男の妹ユリ(辻香緒里)とともに、汚い仕事に手を染めながらも何とか生き延びている。ある日、中国からの密航者を手引きする中、父親が死んで独り身になった中国人の男の子を引き取り、ユリと三人で暮らし始める。しかし、それが発端で仕事仲間であった川島(豊原功補)がチャイニーズ・マフィアに殺される。健次は辛うじて生き残り、居を移して代行の運転手を始めるが、客を送って行った先の運送屋でかつて自分と親父を捨てて失踪した母親・千代子(石田えり)を目撃してしまう。母親をどうしても許せない健次は、復讐の念を胸に千代子と対面を果たすが、当の千代子は大して悪びれる様子もなくうちの運送屋を手伝ってほしいと健次に頼む。そこでは主人の間宮繁輝(中村嘉葎雄)の人の良さもあって社会から弾き出されたような人間たちが多く働いており、健次もまたそんな中に行き場を失ったものの一人として身を置くこととなるのだった‥‥。

sad-01.jpg前二作から続いているのもあって物語の設定が複雑なんで簡単にまとめてしまいましたが、まあ、こんな感じです。ちなみにあおいちゃんは『ユリイカ』からの出向で、家出をして行き着いた先が間宮運送で、そのまま働かせてもらうっていう流れです。で、冒頭に書いたんだけど僕は『Helpless』が一番好きでして、中でもやっぱり浅野忠信演じる健次が滅法カッコいいっていうのがあるんですけど、あの時の健次に比べるとですね、今作の健次はショボすぎる。僕の中では「健次」っていう人間は、男気があって人間的に優しいヤツとかじゃ全然なくて、完全にぶっ壊れた非人間的な男だと思っててだからこそ良かったんですよ。ユリや中国人の男の子などの面倒をみたり、偶然出会ったホステスを本気で愛したりっていうような情に厚い態度を示すものの、本当の核の部分ではコイツは何にも感じてない無感情な人間でそれらは全部気まぐれなんだ、って僕は今作の冒頭までは思ってたんだけど、自分を捨てた母親・千代子に説得されて運送屋で働くことになった辺りから、僕の中の「健次」像は音を立てて崩壊していった。

大体、自分を捨てた母親に恨み言を言いにいくようなことさえ僕の中の健次的にはダメダメなのに、ましてやそこで一緒に働くなんてあり得ない。まあ、単に僕が健次の人間像を計り間違えてたといえばそれまでなんだけど、でも青山監督も健次はそもそもそういう人間だとして描いてるように見えるんだけどな。オダギリジョーに「健次さん、なんか怖いすよ」って言わせるとことか。だから千代子に対してなんか今までの不満をぶつけるとか、好きになったホステスに「オレ、昔、人を殺したんだ‥‥」って告白しちゃうところとか、なんでそんなん言っちゃうかな〜って思った。それじゃフツーに罪に苛まれてるマザコンの人殺しでしかないし、犯罪心理学にでも当てはめたら一発で類型化できちゃいそうな感じじゃないすか。僕的に今作は「健次」がどんどん何かショボイもの(血縁とか自責の念とか母親とか)に包摂されていく絶望的な物語なのだと感じました。割と爽やかなイメージで宣伝されてたからこんな煮え切らなくて嫌な気分になる話とは思わなかった。ラストの千代子と面会する健次の姿とか、もう僕のイメージしてた「健次」はそこには見る影もない。あの後、絶対牢屋で首を吊るでしょ。あれは。なんか、気が滅入ったなあ‥‥。

あ、あと、写真↑のオダギリジョーがあおいちゃんに膝枕してもらってるカットは笑った。ツッパってたクセに最後はそれか‥‥。総じて男ショボすぎる。



予告。↓







タグ:邦画
posted by ケニー at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106779751

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。