2008年09月28日

KOIZORA。

今井夏木 『恋空』(2007) ☆4.0

もう説明いらずだと思うんですけど、ケータイ小説を原作としたガッキー主演のラブストーリーです。以前、ラジオで社会学者の宮台真司がこの『恋空』を観て、「全くこれっぽっちも理解出来なくて、逆にスゴかった」と言っていたのを聞いて興味津々、やっと観てみたんですが、確かにこれはキツい。まー、とりあえず、あらすじです。↓

ガッキー扮する高校一年生の美嘉は、もう夏休みに入ろうかというある日の放課後、ケータイを無くしたことに気づいて校内を探すハメになる。お気に入りの場所である図書室で着信音を頼りにケータイを見つけた美嘉は、友人の亜矢(波瑠)だと思って電話に出ると受話器の向こうから「ケータイ見つかって良かったね、美嘉ちゃん」と、知らない男の声が。何者か尋ねても応えようとしないその男は、夏休みに入ってからもくり返し美嘉に電話を掛けてきて、最初はウザイし、気持ち悪いという態度を取っていた美嘉も、次第に相手の気さくで優しい雰囲気に惹かれていってしまう。そして新学期初日、誕生日プレゼントを渡したいからプールサイドで会おうと謎の男に言われ、いざ向かうとそこには以前廊下ですれ違ってガラの悪い印象を美嘉に残したキンパツ頭の同級生ヒロ(三浦春馬)がいて、美嘉は戸惑ってその場を立ち去ってしまう。しかし、ルックスとは裏腹なヒロの無邪気で心優しい一面を目の当たりにするうちに美嘉はやっぱりヒロのことが好きになっていって、二人は付き合うことになり‥‥‥‥。

koizora-01.jpgまあ、ここまでは導入で、ここからいろいろな苦難が二人を襲うことになるんですけど、一応、ネタバレ注意しておきます。で、これ以降の展開をさくさく行ってみますが、学校をサボってヒロの家でめでたく初エッチを済ませて最高にラブラブな二人、しかし、ある日いきなり美嘉はなんか分からんDQNな連中にレイプされてしまう。ブチ切れたヒロが犯人グループをボコった結果、主犯はヒロの元カノのサキ(臼田あさ美)だと判明。元カノに制裁を加えようといきり立つヒロを「一緒に居られればいいから」と宥めて、押し止める美嘉。しばらく学校を休んだ後、ヒロの献身的な愛によって精神を持ち直した美嘉は再び学校に通い始めるが、行ってみると教室中の黒板に美嘉を中傷する落書きが書かれており、ヒロは再びブチ切れて周りを取り巻く同級生に「今度こんなことしたら、ゼッテー殺す」と啖呵を切って、美嘉を図書室に引っ張っていく。美嘉は男気溢れるヒロを惚れ直し、感極まった二人はそのまま図書室でセックス。それによって美嘉は妊娠し、それを聞いたヒロも「おめでとう!一緒に育てよう!」と大喜び。お互いの両親に結婚の報告をし、順風満帆かと思われたが、再び嫉妬深いサキが絡んできて突き飛ばされた為に、美嘉は子供を流産してしまって‥‥‥‥‥と、なんだかちょっと書いててクラクラきたんで、話の展開を追うのはこんぐらいでいいか‥‥。

今、あらすじ書いていてびっくりしたんだけど、なんか異様にスラスラ書ける、この話。いつもはどういう風にまとめようか、結構悩んで時間掛かるんだけど、これはスゴく自動筆記的にどんどん書ける。なんかその「スラスラ書けちゃう感じ」がこの作品を象徴しているような気がする。というのも、本作には微妙なニュアンスとか複雑な立ち位置とかそういうのはなくて、誰が観てもきっと同じように受け止めるし、そうとしか受け止められないんじゃないかと思うんですよね。だから、あらすじを書くのも全然悩まなくていい。それはそれで大変ありがたいですが、いかんせん感情移入とか全然出来ません。

ここまで予定調和が進むと、もうそれは新たなジャンルだとしか言いようがないです。一番ビビったのが、美嘉がレイプされてそこにヒロがチャリで駆けつけるシーンで、ヒロに抱きついた美嘉が泣きながら「どうしてここが分かったの?」って言うとこがあって、僕はここで「きっとヒロが主犯なんだな、よしよし」とほくそ笑んでいたんですけど、そんなことは全くなく、ヒロはフツーに「愛の力で」って言うんですよ。んな、アホな‥‥。こことか絶対「ヒロがレイプに関わってるフラグ」が立ったと思ったんだけど、結局ホントに「愛の力」とやらで駆けつけたっていうことでスルーされるっていう、ちょっと本気で理解に苦しみました。なんなんだよ、だったらレイプ中に駆けつけて止めろよ、っていう。結局、脚本家(or原作者)の掌の上というか、どうとでも書けるんですよね。別にそれならそれで良いんだけど、だったらレイプ犯役とか突き飛ばして流産させる役とか脚本家か作家自ら出演して演じてほしいですよ。お前らが登場人物殺してんのに「運命」とか「因果」とかの所為にするなって、こういうの観ると毎回思う。『涙そうそう』とかも最悪だったしな。はあ‥‥。



予告。↓



posted by ケニー at 04:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
d995nZP7
Posted by hikaku at 2009年06月30日 06:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。