2008年10月06日

大帝の剣。

堤幸彦 『大帝の剣』(2006) ☆5.1

最近『20世紀少年』が公開されたばかりの堤幸彦監督によるアクションSF時代劇です。原作は夢枕獏の伝奇小説。どうやら本作は、今年(2007)の4月に公開されていたらしいんだけど、しかし全然その名を聞かなかったような‥‥。まあ、凡作故でしょうか。とりあえず、簡単にあらすじです。↓

舞台は江戸幕府三代将軍・家光の時代。阿部寛演じる巨漢の流浪人・万源太郎は、その背に無類の大剣を携え、旅をしている。それは地球外の謎の物質・オリハルコンで作られた三種の神器の一つ「大帝の剣」。三種の神器を全て集めた者は強大な力を得ることが出来るという言い伝えがあり、かつての権力者たちは血眼になってそれらを探し、奪い合ってきたのだが、源太郎は祖父の遺言を受けて争いを終わらせる為に他の二つ「闘神の独杵鈷」と「ユダの十字架」を求めて旅を続けている。その最中に、行き掛り上助けた女が豊臣のお姫様・舞(長谷川京子)で彼女を守る為のお供をするハメになり、しかし、そんな中徳川方の刺客・破顔坊(竹内力)やら宇宙から飛来してきた謎の生命体やらもまたオリハルコンで作られた三種の神器を求めて、源太郎一行に襲いくるっていう、まあ、そういう話です‥‥。

taitei-01.jpg例えるなら『どろろ』とか北村龍平の『VERSUS ヴァーサス』とか『あずみ』とか、あと『五条霊戦記//GOJOE』とか、ああいった時代劇にSF的な奇想を盛り込んだ感じの一本ですね。まあ、いろいろダメな部分はあるんだけど、僕のモチベーション的にもネチネチ突っ込むのはパスしてですね、ちょっと一番気になったとこだけ言っておこうかと。ここに出てくる三種の神器なんだけど、どうやら設定として最終的にはその物自体が使う人を選ぶっていうことで、まあ、そういうのはよくある設定だと思うんだけど、でもだったらそんなの別に放っておけばいいじゃんって思うんだよ。だって選ばれし者とかそもそも決まってんだったらもうどうすることも出来ないじゃないか。そして、どうしたってその選ばれし者は源太郎しかいないし、なので僕は非常にのほほんと観賞していました。どんな悪人に神器が渡ろうと源太郎しか使えないから安心、安心っていう。例えば、この武器が現代で言う核爆弾みたいな物を象徴してるなら、それは誰もが使えないとオカシイし、全然脅威にならないと思うんですよね。まあ、予定調和つまんねえっていうことなんだけど、結局‥‥。

あ、唯一フォローしとくと謎の美形剣士役で出てくる黒木メイサはかなりカッチョ良かったです。あれは腐女子が放っとかないでしょう。



公式サイト。↓

http://www.taitei.jp/index.html
posted by ケニー at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107672729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。