2008年11月16日

in グラインドハウス、その1。

ロバート・ロドリゲス 『プラネット・テラー in グラインドハウス』(2007) ☆7.9

かつて60年代〜80年代にかけてアメリカで流行した、B級映画を2本立て3本立てで上映する場末の映画館の総称がいわゆる「グラインドハウス」。そこでは低予算のアクション映画や血みどろのスプラッター、革ジャンにバイクのスラッシャー・ムービーやセクシーなお姉ちゃんたちの裸ばっかりのモンド・ムービーやら、そういう下世話極まりない作品がひしめいていてそういった映画ばかり観て育ったクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスが現代にその精神を復活させようとして作ったのが、本作の『プラネット・テラー』とタランティーノの『デス・プルーフ』。

という訳で、とりあえず『プラネット・テラー』のあらすじから。↓

planet-01.jpg舞台はテキサスの田舎町。普段なら大した事件や事故も起こらないようなのんびりした町なのだが、その日は異様に救急患者が多く、町の病院はその対応に追われていた。患者の多くは何らかのウィルスに感染した模様で、皮膚が膿んでただれたような症状を呈し、刻一刻とその症状は体全体を蝕んでいく。一方で、ゴーゴーダンサー(ストリッパーのようなセクシーなダンサーのこと)に嫌気が差して店を後にしたチェリー(ローズ・マッゴーワン)は、突如、暴漢と化したかのように狂った住民連中に襲われ、右足を負傷してしまう。かつての恋人レイ(フレディ・ロドリゲス)に付き添われ、町の病院に運び込まれたチェリーは右足の切断を余儀なくされ、ショックを受ける。が、しかし、そうこうしてるうちに病院内の患者たちも症状の進行とともにケロイド状の狂人へと変化していき、病院を含めた町全体を巻き込んで「ゾンビ」な展開が幕を開けるのだった‥‥。

(一応、ネタバレ注意)あらすじの最後の方でつい書いてしまいましたが、つまりこれはロドリゲス版の『ゾンビ』で、わらわらと襲いかかってくるケロイドゾンビたちを撃退しつつ逃げるというお決まりの展開です。僕の印象だとロバート・ロドリゲスはキャラクターのビジュアルとかアメコミ調でカッコいいんだけど(『シン・シティ』もそういう意味では割と好き)、いかんせん絵作りがヘタというかあんまりセンスがない。今作でもチェリーに義足代わりのマシンガンを装着させるとか拳銃のように発射できる注射器とかそういう所はキッチュでナイスだけど、それ以外の部分ではいまいちノレない。ロメロとかロジャー・コーマンとか「グラインドハウス」な映画がタランティーノに負けないぐらい好きなんだろうなっていうのはスゴく伝わってくるものの、やっぱりこれはパロディとかオマージュとかの域を出ていない気がするんだなー。

一番気になったのが、中盤でフィルムが燃えたか切れたかするっていうアクシデントが挿入されて「一巻、紛失しました。申し訳ありません」みたいなテロップが出て、その後の展開がすっ飛ばされてしまうところ。かつての場末の劇場ではフィルムが焼けるとか紛失するとかそういうことがあったっていうのは映画の文化史的な本を読めばよく書いてあるけど、それを律儀に再現するっていうのはどうなんだろう?結局それってそういう「ジャンクなクズ映画」っていうジャンルが好きなだけで映画的な面白さとは全然違うような。なんていうか、これはロドリゲスの抱く映画愛が余り良くない方に作用してしまった感じで、ちょっと「う〜ん」って思いました。まあ、でも本人はコレがやりたかったんだろうから、しょうがないかー。



予告。↓


posted by ケニー at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。