2008年11月24日

遠くの空に。

行定勲 『遠くの空に消えた』(2007) ☆6.6

『きょうのできごと』や『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定監督と、ショタコンにはたまらない神木隆之介くん主演のジュブナイルなファンタジーです。いろいろ文句言ってる割には、行定監督の作品をちょこちょこ観てしまうのは一体何でなんだろうか?ツンデレなのか?まあ、とりあえずあらすじ。↓

toku no-01.jpg麦畑の広がる緑豊かな村落、馬酔村(まよいむら)。村の住民たちは長いこと周囲の自然と共生してきたのだけど、突如、村の麦畑を潰して空港を建設するという案が浮上し、住民たちは反対運動に身を投じる。そんなある日、東京から村の学校に転校してくる少年、楠木亮介(神木隆之介)。彼の父、雄一郎(三浦友和)は空港建設の責任者として新たにこの地に着任することになったのだが、そんな関係もあって息子の亮介はガキ大将の公平(ささの友間)に目をつけられる。しかし、取っ組み合いの果てに何故だか打ち解け、親友となった二人は、ヒハルと名乗る不思議な少女(大後寿々花)に出会う。ヒハルは村の高台に望遠鏡を立て、「お父さんが嘘をつくはずがない」と死んだ父の言葉を信じて、不思議な呪文を唱えながらUFOが現れるのを願っている少女。そんな彼女に共感を抱いた亮介と公平もまた彼女と一緒に夜空を見つめ、奇跡が起こるのを今か今かと待ち続けるが、それは一向に到来する気配を見せず、そんな中、亮介の父・雄一郎が空港建設反対派の凶弾に倒れて‥‥。

と、まあ、おおよそこんな感じ。大人たちの事情によって振り回される子供たちがどうやってその現実に立ち向かい、乗り越えるかをファンタジックな童話調で描いた感じです。これはどことなく『スワロウテイル』っぽいなーと思ったら、行定監督は岩井俊二の『スワロウテイル』の助監督をやっていたみたいでなんとなく納得しました。でも、ああいうアングラな雰囲気は行定バージョンにはなくて(知恵おくれのトリックスター役で出てる長塚圭史はちょっとアングラ臭が)、良くも悪くもすっきりしていて取っ付きやすいんだけれど、それ故に目を見張るような葛藤やエモーション、人物描写は見当たらなくてフツーでした。フツーに感動作ですた(褒めてませんよ)。

んで、これはダメだよ気持ち悪いよっていう点を一つだけ書いておきたいんだけど、映画の冒頭で大人になった亮介役の柏原崇が空港に降り立ってスチュワーデスに昔話をするっていう新手のナンパ術か!?っていう場面から話が遡っていってメインのシークエンスが始まる、言わばタイタニック方式なんだけど、ラストもまたこのシーンに戻ってくるんですよ。で、仕事そっちのけでその話に聞き入っていたスチュワーデスの第一声が「なんか‥‥感動しちゃった‥‥」っていう‥‥‥‥自画自賛かよ‥‥。よくTVのラテ欄とかで生放送の番組なのに感動のフィナーレとか書いてるのがあるじゃないですか、なんかああいうのを思い出した。まさか劇中で「どう、この話、感動的でしょ?」って言われるとは思わなかった。行定、相変わらず無邪気だなー。



予告。↓

posted by ケニー at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。