2008年12月07日

BLACK SNAKE MOAN。

クレイグ・ブリュワー 『ブラック・スネーク・モーン』(2006) ☆8.5

DIY精神に彩られた傑作『ハッスル&フロウ』のクレイグ・ブリュワー監督の二作目です。主演にサミュエル・L・ジャクソンとクリスティーナ・リッチ。前作はHIPHOPでしたが、今回はブルースが通奏低音として響いています。観賞後、なんとなく、トミーリー・ジョーンズの『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』を思い出しました。アメリカ南部にはこういう「自分のやり方でやるんだ」っていうある意味独善的な映画がよく似合います。『コックファイター』とかね。という感じで、あらすじを。↓

black snake-01.jpgblack snake-02.jpgblack snake-03.jpgアメリカ南部の田舎町。長年連れ添った妻に逃げられ、途方に暮れる元ブルース・ギタリストのラザルス(サミュエル・L・ジャクソン)。失意の中で一人孤独に農園を切り盛りするそんな初老の男の前に、ある日一人の女(クリスティーナ・リッチ)が現れる。農場の前、顔に青痣を浮かべ半裸姿で倒れていた女を見つけたラザルスは、彼女を自宅へ運び、介抱する。しかし、ある時、町でその女・レイが重度のセックス依存症だという噂を聞き、ラザルスはその信仰心ゆえに彼女を罪深き人生から脱却させようと思い立つのだが‥‥回復したレイが目の当たりにしたのは何故か自らの腰に巻かれたぶっとい鎖だったのである‥‥。

という訳で、レイはそのままラザルスに監禁されて、ラザルス独自の治療が施されることになります。とは言っても、自ずと想像されるような卑猥な陵辱シーンとかがてんこ盛りっていう感じでは全然なくて(こっちを期待してた男性ファンも多いはずですが)、レイがその欲望を克服できるまでの間、家からは出さず、ラザルスとともに共同生活を送るという、そういった治療です。劇の後半に明らかになってくるんですが、ラザルスとその妻の仲が上手くいかなくなったきっかけとして、彼女がラザルスに黙って妊娠中の子供を堕ろしたというエピソードがあって、つまり、これはラザルスにとってもある種の治療なんだ、と。以前、『ツォツィ』っていう黒人の少年を主人公にした映画をレビューしたけど(→コレですね)、これもあの構図に近い。ストリート・ギャングであるツォツィが偶然にも赤ん坊と暮らし始めることで、内面が変化していくという「異質な者同士の出会い」系(NHKの「一期一会」とか、ああいう感じ)。

実際、徐々にラザルスとレイがお爺ちゃんとその孫のような感じになっていくのが個人的に泣ける。冒頭では性格の悪いアバズレ以外の何者でもなかったクリスティーナ・リッチが(それはそれで嫌いじゃないですが)、後半ではフツーの少女みたいな感じになっていって、そういう何気ない幼い表情とかドキッとさせられる。映画においては、何気ない表情ほどその破壊力(?)はハンパない。っていうか、お前はクリスティーナ・リッチが好きなだけなんじゃないかという話もあるとか、ないとか‥‥。



予告。↓


ラベル:洋画
posted by ケニー at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。