2007年11月22日

映画とか。

おすすめ映画を紹介。あと、動画をいろいろ貼ってみました。面白い。

トミー・リー・ジョーンズ 『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(2005) ★8.5

あのトミー・リー・ジョーンズの監督デビュー作です。スター俳優が監督したとは思えないほど、渋く骨太な作品。かつて西部劇などが映し出していたアメリカの魂は、モンテ・ヘルマンを経由して今トミーリー・ジョーンズへと受け継がれた感あり。主人公も含めてみんなクレイジーだけど、それはみんな必死だからです。



予告編↓






ケヴィン・マクドナルド 『ラストキング・オブ・スコットランド』(2006) ★8.0

実在したウガンダの食人大統領アミンの実像に迫ったサスペンス・フィクション。自分に逆らう政敵や民衆を30万人(?)も虐殺したとされる独裁者アミンをフォレスト・ウィテカーが怪演しています(というか、スゴく本人と似ているらしい)。実際に今でも、北朝鮮だけでなくアフリカや南米など、軍事独裁政権が存在していることを思うと色々考えさせられる。



予告編↓

posted by ケニー at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68192325

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。