2007年11月24日

ECDとか。

ECD+イリシット・ツボイ+久下恵生 『session impossible』 ★8.0

2004年に渋谷のネストで行われた円盤ジャンボリーでの三人のセッションを収録したライブ盤。1、2曲目のテンションで一気に引き込まれます。イリシット・ツボイのグルーヴィーな上モノと久下恵生(Flyng Rhythms)のフリージャジンなドラムが相性良し。ECDの溌剌としたヴォーカルもカッコイイっす。イルリメが参加したニューアルバムももうすぐ出るみたいですね。楽しみ。



「Rock In My Pocket」↓






Sleeping People 『Growing』 ★7.0

アメリカ・サンディエゴの4人組ポストロックバンド、スリーピング・ピープルの2ndアルバム。友人Mに借りました。硬質でミニマルなギターフレーズのリフレインとタイトなベース、それとアタックの強いドラムが鼓膜をガンガン揺らして、なんともカッチョイイなあっていう感じのマスロックです。でも、僕的にはそういったノーウェーブでロックな楽曲よりも5曲目のアンビエント・テクノみたいな曲が一番好きだったりします。ちなみにピン・バックのロブ・クロウがゲストで参加してます。



1stからですが、「Nasty Portion」↓






直枝政広 『Hopkins Creek』 ★8.0

カーネーションのヴォーカル、直枝政広のソロ・アルバム。本当にリラックスしながら丁寧に作り込まれたという印象で、いろんな音が散りばめられています。そしてなんとなくドスの利いた直枝さんのヴォーカルが痺れます。5曲目の「アルバトロス」は最高に良い。吉祥寺のバウスシアターでカーネーションのドキュメンタリーやってるみたいです。12月7日まで。見たい。詳しくは→ http://www.baustheater.com/



カーネーション「Ooh!Baby」↓






関係ないけど、今日の昼間、銀杏BOYZのニューシングル『光』を試聴しました。めちゃめちゃエモーショナルで感動しました。今「エモーショナル」は僕の中で最重要キーワードなのです。アルバム欲しい。
posted by ケニー at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。