2007年11月30日

テラ・メロス?

Tera Melos 『Drugs To The Dear Youth』 ★8.5

カリフォルニア・サクラメントの3人組、テラ・メロスのEP。最近、By The End Of Tonightとのスプリットアルバムを出したみたいですが、そっちはまだ聴いてません。あしからず。彼らの音はこのEPで初めて耳にしたんですが、いや、これはカッコイイですね。アマゾンの方でCap'n JazzのメロディにBlack Flagのアグレッシブを兼ね備えた、とか(英文で書いてあるんで合ってるか不安ですが)書かれていますが、オイオイそれは褒め過ぎだろうと思いながらもちょっと納得してしまうぐらいの内容です。曲の進行がやたら複雑でアヴァンギャルドなのにもかかわらず、エモーショナルでキャッチーなギターの響きに泣かされます。Hellaをもっとエモくした感じか。おすすめ。



3ピース+サンプラーっていう編成みたいですね。LIVE↓






You've Got Foetus On Your Breath 『Deaf』 ★8.5

この人は確かいろんな変名があってあまり把握できていないんですが(どの名義にも必ずFoetusという単語が入ります)、調べたところによるとこれが1stアルバムらしいです。オーストラリア出身のJ.G.Thirlwellという人の一人プロジェクトで、81年頃から活動してるらしい。最近、アルバムがいくつか再発されたみたいです。ジャケがどれもカッコイイですね。音としてはThrobbing Gristleとか暴力温泉芸者、あるいはMark Stewartとかに近いインダストリアル・ノイズっていう感じだけど、なんかホントにどう表わしていいか良く分からない、聴いてるとなんか不安に苛まれてくる、そんな音楽です。そんな作品をどうして紹介するんだっていう感じですが、フィータスのライブ映像が見たいなとふと思い立ち探したら、結構あったので、まあ、ついでというかw。ちなみに2005年に出した8枚目のアルバムが最新作みたいです。



2000年9月のLIVEだそうです。↓



↓の2つもフィータスなのかなー???Skull Discoみたいでカッコイイ。





posted by ケニー at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。