2007年12月07日

パラ。

PARA 『X-Game』 ★8.6

あの山本精一により2001年に結成されたバンド、PARAの5年越しのデビュ―アルバム。音を聴く以前に、僕は友人からこのバンドの話を聞いていて、勝手に硬質でポリリズミックなポストロックなのかなーと思っていたんですが、実際聴いてみたらその軽やかなポップネスと腰が勝手に動いちゃうようなダンサブルな楽曲にビックリしました。ドラムのタイトでハネてる感じとかはまるでアフロビートみたいだし、小気味良いギターフレーズは完全にフロア対応型へと進化したプログレといった感じ。人力でこれだけカッチリしたダンスチューンを演奏するのはかなり大変だと思うんだけど、そういうこれ見よがしにスゴいことやってます、みたいなのが全然なくて、もうただ単純に気持ちいい。アルバム後半のチルアウトな感じもいいです。



PARAの映像がなかったんで(残念‥‥)、山本さんの別バンドROVOのLIVEを。↓






Nujabes 『Modal Soul』 ★7.2

以前ちょっと書いた通り、最近新作を出したヌジャベスですが、これはその一コ前のヤツです。レビューにとってこのタイムラグは痛い気もしますが、今ちょっと金銭的にキツいんで新作のレビューは待って頂いてですね、とりあえずこっちを。基本的にピアノのループにドラム、スクラッチやヴォーカルなどの上モノっていう構成で全体として非常にシンプルな曲が多いです。そんな中でも4曲目のSing02をフューチャーした「Luv (sic.) pt.3」が前半のハイライト。やっぱりSing02の線が細いけれど凛とした声がカッコイイです。最近、ちょうどサムライチャンプルー見てたのもあって沁みる。しかしこれがアルバム後半(終わりの3曲あたり)になると、曲の展開もおざなりになってどことなく手を抜いてるんじゃないかっていう感じが、ちょっとしました。あれ、もう息続かなくなっちゃった?っていうような。んーもったいない。



「Luv (sic.) pt.3」↓



サムライチャンプルーOP↓

タグ:HIPHOP ダンス
posted by ケニー at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71345718

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。