2007年12月13日

テニスコーツ。

Tenniscoats 『Totemo Aimasho』 ★8.1

さやと植野隆司を中心にしたユニット、テニスコーツの前作から約3年ぶりとなるオリジナル・アルバム。ちょっとくぐもったプライヴェートな感じ漂う生楽器の音と、さやの童謡を思わせるようなフォーキーな歌声、そしてかなり微細に編まれた電子音の相性がとても心地いいノマディック・アンサンブル(?)。前作『ぼくたちみんなだね』よりもアブストラクトの比重が多くなってて、今作はその素朴な印象以上に実はかなりテクニカルな部分で試行錯誤が為されているような気がして、僕的にはこういう感じ好きです。たぶん、その変化(進化?)はDJ Klockの影響が大きいんじゃないかな(アルバムの中の3曲目「Cacoy」はDJ Klockに捧げられている)。続けて出た最新作『Tan-Tan Therapy』も聴いてみたい。



今年(07年)の9月のLIVE。↓






Lukid 『Onandon』 ★8.0

サウス・ロンドンを拠点にするUKの新レーベル「Werk」から発表されたルキッドのデビュ―アルバム。まだ弱冠22歳だというルキッドですが、コイツはなんとも渋いインストHIPHOPアルバムに仕上がってて、なかなか末恐ろしい。本人、MadlibやJ Dillaに影響を受けたらしく確かにその感じは大いに窺えますが、でもこの現在形のエディット感というか音作りは、J Dillaとかよりも良くも悪くも洗練されていてオシャレですね。どことなくプレフューズな感じもあるけれど、それよりは随分リラックスした雰囲気になっててなんとなくアダルトな気分に浸れます。エレクトロニカやアブストラクトとか好きな人にもオススメ。4曲目の「The Now」とか良いですね。僕、ハンドクラップが好きっぽい。

amazonとかyoutubeにLukid全然見当たらないので、代わりにmyspaceを。↓

http://www.myspace.com/lukid
posted by ケニー at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。