2007年12月30日

レビュー納めです。

ちょっとここ数日忙しくて更新できませんでしたが、再開します。今回がたぶんレビュー納めですね。来年もよろしくお願いします。よいお年を。



っていうことで、CDのレビューです。

Tokyo No.1 Soul Set 『Dusk & Dawn』 ★9.0

2005年に出たTokyo No.1 Soul Setのベスト・アルバム。93年から99年までの代表曲を収録したソウルセットの入門篇でもある一方で、しかしこれは捨て曲なし名曲揃いの必聴アルバムでもあります。ソウルセットって、ビッケの癖のあるヴォーカルに馴染めるかどうかで好き嫌いが分かれるような気がするけど、そこさえクリアできればもう彼らの「ソウルセット・サウンド」としか言えないような独特なグルーヴが気持ち良過ぎです。思うに、音楽性はそれぞれ異なるけれどフィッシュマンズやECDや、あるいは岡村靖幸なんかにも共通する「異物感」というか「突然変異」な感じというか、そういう唯一無二な感じがソウルセットの音楽にもあるような気がしますね。彼ら自身の固有名でしか表現できないような音楽というか。#5の「隠せない明日を連れて」とか#11の「夜明け前」とか、この寒い時期にイイ感じにハマるような名曲の数々。泣けます。



ソウルセットのPVはどれもヤバいw。
#1「Sunday」PV↓



#10「ヤード」PV↓






では、また来年。
ラベル:ソウル サイケ
posted by ケニー at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。