2008年01月22日

ドッシュ。

Dosh 『Powder Horn』 ★8.3

「FOG」のメンバーでもあるMartin Doshのソロ・プロジェクト「Dosh」が、2005年に自身のレーベルから発表した3rdアルバム。牧歌的で、小動物みたいに可愛らしいメロディに、フィルター掛かった幻想的なビートがすこぶる気持ちイイ、インスト・ヒップホップで、DJ KlockとかWhy?とか好きな人にオススメできそうです。Richard Youngsの『Festival』という僕の大好きなアルバムがあるんですが、あのアブストラクトで天に召されていくようなスケール感に、Klockなビートが乗っかったみたいで、個人的に泣けました。強いていえば、全体的にちょっとセンチメンタルに傾きがちな感があるんで、もうちょっとどこかしら間の抜けた響きがあったら、面白いのになーとも思いましたね(Tucker的な感じとでも言ったらいいか)。そういうのって結構アンチコン勢に共通のテイストな気がして、僕的にはノレないところでもあるんだけど、でも、本作の前半4曲目ぐらいまではそういう感じよりも割とガチャガチャ+さばさばした感じがあってカッコ良かった。9曲、31分っていうミニマムさもイイっす。

アマゾンには置いてないみたいだなあ。



アルバム2曲目に「Call The Kettle」っていう曲があって、コレはそれの別バージョンみたいですね。「Call The Kettle Back」PV。↓

posted by ケニー at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。