2008年01月30日

アントワネット。

ソフィア・コッポラ 『マリー・アントワネット』(2006) ★6.5

『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィア・コッポラの最新作で、主人公はキルスティン・ダンスト演じる無邪気で可愛らしい少女、マリー・アントワネット。僕はソフィア・コッポラの撮るガーリー・ポップな作品はけっこう好きで、こういう感じを撮れる監督って今まであまりいなかったなーっていうことで期待してたんだけど、これはイマイチでしたね。ポップできらびやかで可愛らしいマリーを笑顔で観ていられるのも、いいとこ30分ぐらいで、結局ソフィア・コッポラが描きたかったのってきゃぴきゃぴしたマリー・アントワネットの姿だけでそれ以外はホントに空虚な感じを受けました。僕が想像していたイメージだと、彼女の無邪気さとか破天荒な感じが格式張ったヴェルサイユ宮殿をもっと伸び伸びとした楽しい場所に変えていくような話かと思ってたんだけど、そんなんではなくて、来たるべきラストの悲劇までホントに好き勝手に遊んでるだけっていうような話で、なんか全然こうグッとくるところがなかった。上流階級から蔑まれてる国王陛下の愛人の女がいるんだけど、僕は最初、マリーはお妃の立場でありながら彼女と仲良くなっちゃうみたいなそういう人かと思ってたら全然そんな人ではなく、マリーもまたその女に対して当然のように軽蔑を示して「あんな娼婦とは口もききたくない」とか言っちゃって、なんか結構彼女って情が薄いんですよね。陛下が崩御して、ルイ16世(マリーの夫)に王座が移った後すぐに盛大な誕生パーティーで彼女のはしゃいでいるシーンが入るし、国王が死んだことなんて彼女の頭にはどうでもいいんだな、って思ったあたりから僕はもうダメでしたね。まあ、民衆のこととか考えずに遊びまくってた王妃だから、そんな感じの人かとも思うんですけど、そうなると本当にここには幼稚なデカダンスしかなくて観てるこっちとしては辛いです。たぶん、監督的には朗らかで天真爛漫で現代的なマリー・アントワネットを描きたかったんだろうけれど(んで、それは僕も面白いと思うけど)、だったらきちんとした人間らしさが描けてないと、それは単なるセレブリティの頽廃的な世界っていう風になっちゃってポジティブな方向にいかないんじゃないかなー。んむー。



予告。↓

ラベル:伝記 洋画
posted by ケニー at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。