2008年03月13日

キルズ、カッコ良過ぎ。

The Kills 『Midnight Boom』 ★9.2

以前にも紹介した、ロンドン出身のHotel(ジェイミー・ハインス)と、フロリダ出身のVV(アリソン・モシャート)による男女デュオ、ザ・キルズの三枚目となる最新作です。未だに前作の『No Wow』を聴いてなくてちょっと心苦しいんですが、あれから三年弱の時を経て、早くも新作が出てしまいました!そしてこれがメチャクチャカッコイイ!もう、なんて言ったらいいか、ポスト・ソニック・ユースですね、彼らは。今作では以前よりもギターのギャリギャリしたソリッドな感じがちょっと軽減されているような感じで、ドラムがサンプラーの打ちこみなんですけど、これがどことなくダンサブルかつタイトで非常にクールです。アリソンのボーカルも、キム・ゴードンとかコートニー・ラブとか、古くはジョーン・ジェットとかのガールズ・パンクな、ダーティー&セクシーな雰囲気でシビレまくり。ファーストの頃からそうだけど、付け焼き刃のファッション的な在り方じゃなくて、ホントにアメリカの根っこの部分を支えてる音っていう感じで、こういう骨太で、やさぐれてて、リアルでアンダーグラウンドな若いバンドがひょっこり出てくるのが、アメリカっぽくて頼もしい。Gossipとかもそんな感じなのかな。とにかく名盤です。泣けます。



#1「U.R.A. Fever」PV。これ見て気付いたけど、ジェイミーってルー・リードにそっくりですね、気持ち悪いぐらい。↓

posted by ケニー at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89366954

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。