2008年03月29日

brothers of the head。

キース・フルトン/ルイス・ペペ 『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』(2005) ★7.8

ブライアン・W・オールディスの同名小説を原作にした『ロスト・イン・ラマンチャ』のコンビによるフェイク・ドキュメンタリー作品。主人公のトムとバリーは結合双生児として産まれてきた双子で、お腹の辺りでくっついていて離れることが出来ない身体の持ち主。そんな二人をザックという興行師が見つけ、シャム双生児のロックスターとして売り出そうと考えて、彼らに音楽を教える。そのショッキングな外見やセクシーなルックス、初期衝動なパンク・アティチュードによって瞬く間にロックスターとして人気を博すも、ドラッグや女性関係などで生活は荒んでいき、二人の関係は急速に悪化して、物語は悲劇的な様相を呈していく‥‥。
『ベルベット・ゴールドマイン』とかもそうだけど、こういった刹那的に一瞬だけ強烈な輝きを放って堕ちていくロックスターみたいな話に僕は結構弱くて、あ〜なんでこんな結末になっちゃうんだろう‥‥って毎回このテの話には重たい気持ちになるんですが、そもそも彼らはお金とかドラッグとか女とか大勢のファンとかそんなものを欲しているんじゃなくて、そんなのは単にお飾りにすぎないんだけど、でも、本当に心底欲してるものだけはどうしても手に入らないっていう、その決して成就しない感じが何とも痛ましい。やっぱり誰かが劇中で「お前の欲してるものはそんなものじゃないだろ」って言ってあげないとダメだと思った。トムとバリーが一緒に裸になって抱き合うようにシャワーを浴びている光景には、どことなく打ち捨てられた「受難者」っていうような暗い雰囲気があって、この世の生きづらさを象徴してるみたいで「うう、うう」ってなります。で、大体こういう人間たちは死後に評価されたりするんだよね(スキャンダラスで売れるから)。世知辛い世の中。別にハッピーエンドであってもいいのに‥‥フィクションだしさ。で、ちょっと疑問っていうか不満なのは、このフェイク・ドキュメンタリーな手法で、僕の好みとしては普通にフィクションのドラマとして撮ってほしかった。インタビュー映像で原作者のオールディスとかなぜかケン・ラッセルとか出てたけど、そういうメンツもハッタリとしか思えずいまいちそこにはノレなかったです。



予告。↓

posted by ケニー at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。