2008年04月14日

プラス・ワン。

木村カエラ 『+1』 ★7.0

前作『Scratch』から一年二ヶ月ぶりの4枚目となる新作アルバムです。ジャンルにこだわらず、テクノとかディスコ・パンクな感じの曲とか、ニューウェーブとかいろいろな楽曲群が収められていますが(で、そこが売りっぽいんですが)、実のところこのアルバムはそんなに面白くないっていうのが僕の印象。木村カエラのアルバムって僕はちゃんと聴いたのがコレが最初で、イメージとしてはかなりアヴァンギャルドで遊んでいる感じのPOPサウンドを想像していたんですが、思ったより全然普通ですね。前のアルバムから聞いてきたカエラファンには驚きとかあるのかも知れないんだけど、僕としては意外に実験性が感じられない。クラムボンのミトとかモーサムとか石野卓球とかGREAT3とかToeとか奥田民生とか結構イイ感じの顔ぶれが楽曲を提供しているんだけど、なんかコイツら本気で曲作ってるのかー?ってちょっと思った。まさか、いろんな層をターゲットにする為に彼らの名義借りてるだけじゃないだろうなっていう。だってこのメンツがマジで気合い入れて作ったら、こんなフツーのアルバムになるかなー?それともカエラちゃんの何らかの中和作用が働いているんでしょうか(カエラちゃんが可愛過ぎてみんなメロメロになっちゃって曲作りどころではないとか?)。確かに彼女は歌は上手いんだけど、その歌の乗っけ方が非常に淡白な感じがして、アルバム通して聴いた後に特に印象が残らないというか、う〜ん、どうしたもんだろ?っていう感じになる。もしかしたら、彼女は曲を外注しないで一から全部自分で作ったら良いのかも。今までいろんなコラボレーションしてるみたいだけど、それらはあまり上手く作用してないような気が、なんとなくする(きっといろんな人とやるのは楽しいんだろうけど)。しかしながら、今作でイイじゃんと思われる曲もあって、それは遠藤大介(DE DE MOUSE)作曲のアルバムラストを飾る「Humpty Dumpty」ですね。スペーシーでゆったりしたシンセにカエラちゃんの声もいい具合にマッチしてて、こういう感じがまさにコラボだよなって思いました。DE DE MOUSEの2ndがそろそろ出るらしいんで、楽しみです。あと、シングル「Samantha」のギターフレーズがジム・オルークっぽくてちょっとカッコイイ。



#7「Samantha」PV。↓

ラベル:テクノ JPOP
posted by ケニー at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。