2008年04月30日

ヘビだらけ。

デヴィット・R・エリス 『スネーク・フライト』(2006) ☆8.0

サミュエル・L・ジャクソン主演、『デッドコースター』のデヴィット・R・エリス監督のB級パニック・アクション。内容はタイトルの通り、飛行中の機内に大量のヘビがバラまかれての大騒動です。
ハワイを訪れたサーフ青年、ショーンは偶然にも大物ギャングとして知られるエディ・キムの殺人現場を目撃してしまって、命を狙われるハメになる。そこにカッコ良く登場してくるのがサミュエル・L・ジャクソン演じるFBI捜査官のネヴィル・フリンで、ショーンを殺人の証言台に立たせ、キムを有罪にするために彼の保護にあたるんだけど、裁判所があるLAに向かう飛行機の中、エディ・キムが墜落事故に見せかけて皆殺しにしようと仕掛けた「時限ヘビ爆弾(!)」が爆発し、機内は毒ヘビだらけになって大パニックに!
なんて回りくどい殺し方だろうって気がしますが、ヘビは変温動物だから探知機に引っかからずに税関を通過できるんですね。さすが、殺しのプロ。なかなか頭が切れる。ハワイを出立する際に首に掛けられるレイに、ヘビを興奮させるフェロモンを染み込ませておくことも決して忘れない(基本、ヘビはめったやたらには人を襲いません)。これによって興奮状態に達したヘビたちは乗客に襲いかかり始めて、同じく興奮を抑えきれずに機内のトイレでセックスを始めてしまったカップルがまずは最初の餌食となり、そのカップルの断末魔の叫びが外に漏れ聞こえて、おばちゃんアテンダントが「まあ、激しい。私も若い頃、思い出すわ」とか言うような序盤のゆるい展開があってのち、徐々にサバイバルな険しい状況になっていきます。乗客たちはヘビに追いつめられて最終的に、ショーンの護衛の為にFBIが特別に貸し切った2階のファーストクラスへと移動し、そこに篭城して闘うことになる。最初は、ネヴィルに大事な証言者だからじっとしてろって言われて何もしないでいたショーンも、この辺から率先してみんなを助け出したりし始めて、こういう「自分にできることをやらなきゃ!」みたいな感じいいですよね。で、ラスト間近のクライマックス、FBIのネヴィルがついにブチキレて「このくそヘビどもが!全部まとめて外に放り出してやる!」って言って、飛行機の窓を銃で撃つんですよ(!)。一応、その前に乗客たちにシートベルトやらロープやらで体を固定するよう言うんだけど、なんて無茶な発想なんだ‥‥(『シャフト』のサミュエル・L・ジャクソンを彷彿とさせる狂いよう)。当然、気圧が一気に下がった機内からはヘビやら荷物やらが空中にボンボン飛んでいって、みんな体が浮き上がって「もうちょいで着陸だから頑張れ!」って言ってて、で、操縦してるのはヘビにやられた機長に代わってビデオゲームでしかフライト経験のないデブの兄ちゃんっていう。やってて良かった、ビデオゲーム。



予告。↓


posted by ケニー at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95146532

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。