2008年05月20日

Million Dollar Baby。

クリント・イーストウッド 『ミリオンダラー・ベイビー』(2004) ☆9.5

2004年のアカデミー賞で、作品賞、主演女優賞(ヒラリー・スワンク)、助演男優賞(モーガン・フリーマン)、監督賞と四部門に輝いたクリント・イーストウッドの傑作。脚本が『クラッシュ』のポール・ハギス。今更ですがやっと観ました。評判通り、ヤバかった。

イーストウッド演じるフランキーはボクシングジムを経営している老トレーナーで己のボクシング理念を信じて止まず、選手たちにも厳しい要求を課すビッグ・ブラザー。しかし、ある日その方針に付いていけずに世界戦を目の前にした一番の有望株ビッグ・ウィリーが大手のジムへと移籍してしまう。失意に沈むフランキーだったが、そんな彼の元へマギーと名乗る女性(ヒラリー・スワンク)がぜひ自分のトレーナーになってほしいと頼み込んでくる。マギーは31歳の独身女性で13歳の頃からずっとウェイトレスをして生計を立てている身の上。ボクシングをやっている時が自分にとって何よりも楽しい瞬間なのだと彼女は語り、最初は「女はダメだ、帰れ」と拒否していたフランキーも次第に彼女の努力を認めてボクシングを教えることに。独学で練習してきただけのマギーは、フランキーの教えによって飛躍的にその才能を伸ばしていき、連勝に連勝を重ねる。そして、ついにマギーはタイトル戦の舞台に立つことになるのだが‥‥。

(*ここからはネタバレします)途中までは『ロッキー』のようなサクセス・ストーリーでマギーがその努力によってどんどん強くなっていくっていう流れなんだけど、後半の展開は圧倒的に厳しくて重いです。もはや努力などではどうにもならないような場所に突き落とされるっていうか、誰も何も出来ずに嘆くしかないようなそんな所です。マギーにはテキサスかどこかの田舎に家族がいて、毎月ファイトマネーから仕送りを送っているんだけど、その当の母親たちはその金を平気で受け取りながらも、ボクシングという職業を選んだマギーを一家の恥だと笑っている。だからマギーにはホントにボクシングしか残されていないんだけど、タイトルを賭けた試合中、不慮の事故によってマギーはボクシングを続けられない体になる。具体的には、頸椎の損傷で首から下は一切動かせない全身麻痺状態です。あまりにも‥‥な展開に言葉もなくて、ただ目の前の酷く辛い現実に僕はちょっと放心してました。「死んだ」ではなく「死んだも同然」っていうのがおそらく最大に悲劇で、イーストウッドとポール・ハギスの意図したところなんではないかと思いました。

ボクシングが唯一の生き甲斐だったマギーは自ずと死ぬことを考えるようになって、フランキーに殺してほしいと頼むんだけど断られ、自分で舌を噛み切ります。なんとか一命を取りとめて鎮静剤を打たれたマギーの表情には、なんていうかあらゆる屈辱が滲んでるかのように苦しそうで、ホントに彼女の人生は何だったんだろうかと思われて仕方がない。ラストでフランキーは彼女の願いを受け入れて人工呼吸器を外すんだけど、この時の二人の間に交わされるやりとりが本当に素晴らしく、観てて苦しい。これを観るとポール・ハギスはホントに今最も才能に富んだ脚本家だと思います。フランキーはずっとはぐらかしていたある言葉をその時マギーに伝えるんだけど、それを受けた後のマギーの笑顔がこれから死ぬ人間とは思えないほど輝いてて非常に美しいです。最後にようやく、今まで生きてきたことの証を手に出来たっていうか、全てが浄化されたようなそんな笑顔。こういった瞬間はいくら映画を観ててもそうそうないと思う。必見ですよ、これは。

ポール・ハギスの新作『告発のとき』もすごく楽しみ。



予告。↓

posted by ケニー at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97321519

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。