2008年05月23日

Blood Diamond。

エドワード・ズウィック 『ブラッド・ダイヤモンド』(2006) ☆8.7

90年代初期からおよそ10年間続いたアフリカ、シエラレオネのダイヤモンドを巡る紛争を描いた衝撃作。監督は『ラストサムライ』のエドワード・ズウィックで、主演がレオナルド・ディカプリオです。

実際の内戦の経緯を踏まえておくと、90年代、シエラレオネでは政府と統一革命戦線(RUF)との間でずっと内戦が続いていて、反政府組織の資金源となったのがシエラレオネで産出されるダイヤモンド。RUFは国内の村々を襲っては略奪や虐殺をくり返し、生き残った住民たちを奴隷化して、制圧、占領したダイヤの採掘場で強制的に働かせる。産出されたダイヤはロシアなどに売られて、それで得た金で大量の武器が買われ、それによって内戦はますます激化していく。反政府組織が密輸出するダイヤは「紛争ダイヤモンド」と呼ばれて禁止される90年代後半まで、ずっとこのサイクルがくり返される。タイトルの「ブラッド・ダイヤモンド」とは「紛争ダイヤモンド」の別名で、他に「ダーティー・ダイヤモンド」などとも呼ばれ、当時は世界のダイヤモンド市場のおよそ1割がこの「紛争ダイヤモンド」だったと言われる。

ディカプリオ演じるダニー・アーチャーはダイヤを受け取って、反政府組織に武器を卸す武器商人っていうかケチな仲介業者みたいな男なんだけど、ダイヤを運んでいる最中に政府軍に見つかり、捕まってしまう。ちょうど同じ留置場にはダイヤの採掘場から連行されてきた反政府組織のゲリラや強制労働させられていた住民も収監されていて、アーチャーは偶然にもそこにいた住民の一人ソロモン(ジャイモン・フンスー)が巨大なピンクダイヤを見つけたという噂を耳にする。アーチャーは知り合いの政府軍の大佐に口を利いてもらってダイヤの在処を知るソロモンと一緒に出所させてもらい、彼に近づく。ダイヤの在処を問いつめるが当然ながらタダでは教えてもらえず、RUF襲撃時に別れ別れになった家族を見つけてくれたらダイヤを渡すとアーチャーは持ち掛けられ、承諾する。で、二人は別れた家族と巨大なダイヤモンドを探す旅に出るのだった‥‥。

本当にアフリカっていう国は現代に残された最後の地獄っていうか、これだけ人間の命が軽々しく扱われてきた、今も扱われている場所もそうそうないと思う。劇中で、反政府ゲリラが村を襲って住民を虐殺するシーンがかなりリアルに出てくるけど、そこで何より最悪だと思ったのが投票に行かせないっていうそれだけの為に子供を含めた村の住民たちの腕を切り落とすっていうところで、ホントに頭がどうかしてるよコイツら。この「腕を切り落とす」っていうのは確かルワンダかどっかで流行った拷問だったと思うけど、こういう強い自分たちは弱い人間をどうにでもしていいと思ってる殺人鬼集団こそ、この世から一掃してほしい。武力による解決が不毛なのは分かってるけど、本当に心底ムカついてしょうがない。これはもちろん映画内だけの話でも、シエラレオネだけの話でもなくて、実際に現在もスーダンのダルフール地方などで行われていることでもあり、ミャンマーの政府がサイクロン被害時に決行した国民投票とかも考え方は一緒でしょう。邪魔者は死ねばいいっていう論理。これは単に発展途上国だけの問題ではなく、ダイヤモンドも石油も一緒だけどそれを買う相手がいて初めて成り立つ訳で、例えば、ダルフールで政府軍による住民虐殺が起こっていることを知りながらも、産出される石油目当てに国連の介入を渋っていた中国やパキスタンなどはその典型で本当に罪深い。人命より経済が優先ってどんだけ鬼畜なんだよ。

って、全然映画のレビューになってませんが、今作のディカプリオはかなりいいです。ギラギラしてて。



予告。↓


posted by ケニー at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。