2008年05月30日

ミヒマルの新作‥‥。

mihimaru GT 『mihimarise』 ☆6.8

約2年ぶりになるというミヒマルGTの4thアルバム。#2「ギリギリHERO」や#10「俄然Yeah!」などのヒットシングル4曲を含む、全14曲収録です。僕は「俄然Yeah!」とかかなり好きなもんで今作には大分期待してたんだけど、ちょっとコレは残念な感じでしたね。「ギリギリHERO」とか#3「I SHOULD BE SO LUCKY」とかのシングルカットされた曲も全然ピンと来なくて、JPOPでシングル曲に燃えない/萌えないのはちょっと致命的な気がする。アルバムリリース前に「ギリギリHERO」は某レコ屋で試聴してたんだけど、その時からちょっと嫌な予感してたんすよね。だってこの曲ホントにしょうもないんだもん。なんでこんな凡庸なことになっちゃうんだろ?ちょっと大塚愛がダメになっていった感じとオーバーラップして怖いです。

ミヒマルっていうとやっぱりめちゃくちゃヒットした「気分上々↑↑」とか今作にも入ってる「俄然Yeah!」みたいな葛藤一切なしのアゲアゲソングがまさにミヒマル節だと思うんだけど、アルバムを通して聴くとそういった必殺のキラーチューンは実は少なくて、割とフツーのバラードとか入ってるんですよ。で、それが何ていうかあんまり面白くない。初期の大塚愛とかBENNIE Kとかミヒマルとかって四の五の云わずにテンションで押し切るナチュラルハイな感じに予期せぬ批評性みたいのが生まれてたんだと思うんですけど、おそらく作り手としてそこらへんに意識的じゃないからなのか、そのある意味白痴的なテンション一本でがんがんキラーチューンを量産するような方には行かない。そこがスゴく勿体ないんですよね。

で、最近気付いたんですけど、音楽や映画に関わらず僕が今求めてる表現ってそういったウェルメイドに地ならしされたモノじゃなくってもっとエクストリームなっていうか、そういうベタな葛藤とかいらないから、っていうモノなんですよね。だから、『血と骨』の金俊平はスゴかったし、少し前に出たイルリメのアルバムとかもそういう意味でヤバかった。これは別に、リアルな現実に葛藤が存在しないとかそういうことを言ってる訳じゃなくて、それっぽい演出をしてつまらなくなるんだったらいっそのことそんなんいらんよって思うんですよ。30年前に自分を捨てた親父との愛憎入り交じった再会があって、で、うっすら和解するとかそういうの。むしろ、そういうロマンチストには理解の及ばない非人間的な人間の登場を期待したいし、おそらくそこから誰も見たこと聞いたことない葛藤やら業やら抑圧やらが飛び出してくるのではないかなっていう。って、全然アルバムのレビューになってねえー。ひええー。

あ、でもちょっとフォローしとくと#7「BLUE TAGGING」から#10「俄然Yeah!」までの流れはなんだかスゴくいいです。特に#9「ええがな」は関西ノリが頭悪くてまさにええがな〜。やっぱ、これやがな〜。



#10「俄然Yeah!」PV。↓


ラベル:JPOP HIPHOP
posted by ケニー at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。