2008年06月03日

GHOST RIDER。

マーク・スティーヴン・ジョンソン 『ゴーストライダー』(2007) ☆8.4

『スパイダーマン』でおなじみマーベル・コミックの人気キャラクターを『デアデビル』のマーク・スティーヴン・ジョンソンが実写映画化。主演は、このキャラクターを愛して止まないという本作の熱烈なファンでもあるニコラス・ケイジが担当。その相手のヒロイン役にエヴァ・メンデス、悪魔メフィストフェレス役にはライダー繋がりっていうことで大御所ピーター・フォンダです。

主人公ジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)は、父親バートンと共にバイクスタント・ショーで活躍している若きライダー。しかし、ある日父親が癌に冒されているということを知り、ショックを受ける。で、そんな悲しみに暮れる彼の前に現れるのが悪魔メフィストフェレスで、「お前の魂と引き換えに父親の病気を治してやろう」とジョニーは持ち掛けられ、契約書にサインをしてしまう。次の日、何事もなかったかのように父親の体調は回復し、意気揚々とスタント・ショーに臨むのだが、そのショーのさなかにバートンのバイクは転倒事故を起こし、結局彼は帰らぬ人になってしまう。で、残ったのは悪魔との契約だけっていう‥‥。

この契約内容がいまいち分かりにくいんで整理しておきたいんですが、「ゴーストライダー」っていうのはこの悪魔と契約を交わした人間のことで、夜になると邪悪な魂に反応して黄金バットみたいな姿に変身しちゃうんですね。彼の使命は魔界から脱走したブラックハートとその一味を倒すことなんだけど、このブラックハートたちが狙っているのがサン・ヴェンガンザ(だっけ?町の名前です)の契約書っていう代物でこれはかつてのゴーストライダーが悪魔に渡すことなくどこかに隠してしまった物らしくて、この契約書には何百人もの邪悪な魂が封じられてて、そのパワーをブラックハートたちは取り込みたいっていうことらしい。僕も書いててよく分からないんだけど、まあ『ゲゲゲの鬼太郎』に出てきた妖怪石みたいな物でしょう、きっと。

それで中盤から後半に掛けて、ゴーストライダーとブラックハートたちの闘いが描かれるんだけど、これは正直あんま面白くなくて観るべきはなんと言ってもニコラス・ケイジが変身するまでの冒頭30分ぐらいです。最初の父親が死ぬエピソードが描かれた後、10年ぐらい時が進んで、ジョニーは全米が熱狂して見守る中、誰も試みたことないような危険なスタント・ショーを数々こなしてきた超人気スターになってるんですよ。とにかく彼は命知らずで、しかし一切怪我を負うことなく過激なショーを成功させていく。まさに悪魔に守られているかのように。っていうか、青年時代のジョニーはマット・ロングっていうスゴい爽やかなヤツが演じてるんだけど、10年後には何故かニコラス・ケイジになってるっていうのがまずもってヤバい。全然顔違っちゃってるし。それでニコラス演じるジョニーが青年時代の健気さはどこへやらっていう感じの頭のネジが外れちゃってる奇人になってて、全くKYな言動が素晴らしい。

スゴいでかいショーを成功させた後にスタッフ仲間たちがTVに映るジョニーの勇姿を見てはしゃぐシーンがあるんだけど、そこでチャンネルを変える時に一瞬だけ猿の生態のドキュメンタリーみたいなのが映るんですね。で、それを見たジョニーがなぜか食い付いて「おい、今のホエ猿のにしろ、おい、ホエ猿の」ってしきりに言うんだけど、仲間たちから完全に無視されるっていうすこぶるしょうもない描写があって、コレ全く物語に関係なくてホント意味ないんだけど、なぜか青年時代のシリアス描写が10年経つと一転してナンセンスが全開になってて、この飛躍にビビる。ジョニーのカクテルグラスにはジェリービーンズみたいのが山盛りになっててそれを酒を飲むようにして食ってたり、家に帰って見るTVもまた猿が空手で人間を倒してるコメディ番組で、それ見て爆笑してるニコラス・ケイジとかホント最高にアタマ悪くてイイですね。もう悪魔との因縁とかどうでも良いからコイツの猿好きキャラだけで最後まで行ってほしかった。このニコラス・ケイジにはそれぐらいのポテンシャルは充分あったのに勿体ない。悪魔と契約を交わしたが為に、ブサイクになってアタマが悪くなっちゃった人の話にすれば良かったのに。惜しい!



予告。↓


posted by ケニー at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99181731

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。