2008年08月23日

リアルのゆくえ。

『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるのか』 大塚英志+東浩紀 ☆8.3

大塚英志と東浩紀という新旧おたく/オタク評論家の計四回(2001年〜2008年)に渡って繰り広げられたガチ対談を収録した対談集@講談社現代新書です。

「ガチ」というのは誇張ではなく、途中のほとんど禅問答に近いやり取りにハラハラしますが、その甲斐あってかお互いの言い分は良く分かる。あまり簡単にするのもどうかと思うんで気になった人は実際読んでもらえればと思うんだけど、とりあえず互いの主張を僕なりに纏めると、東浩紀が「もう近代的なモラルとか常識とかそういった人間観には期待できないから、それを補完する為のシステムを構築して小さなコミュニティの中でそれぞれが暮らしていくべきではないか」という一方で、大塚英志は「そういった人間観に代表される公共性の在り方を諦めてしまったら、そもそも批評家として物を書く意義もなくなるし、それを取り戻すことが心底難しいとしても努力目標として絶えまぬ啓蒙を続けるべきではないのか」という感じの主張で、両著者のファンである僕としては非常にどちらの意見もその通りだな〜と首肯出来るんだけど、現実問題どうするかというとすごく難しい。

以前、クイック・ジャパンで小林よしのりと森達也の対談を読んだ時に感じたことと似てるんだけど、要は「人間を信じるのか?信じないのか?」っていうところで分かれる気がする。で、正直言えば僕も今や人間は信じられないと心情的には思っていて、街中を歩いていて一人言を喋っている人とか最近よく見ますが、やっぱりちょっと怖い訳です(かなり卑近な例でアレですが)。でも、そこで怖いから関わりたくないっていう心理が、そもそも全く普通の人々をも脅威的な怪物に見せてしまうという場合もあって、じゃあ一見怖いと感じてもすぐに結論を下さないでなるべく共生しようとすると実際にそいつが怪物みたいなヤツでマジで殺されちゃうということも起きたりし‥‥う〜ん、どうしたもんでしょうね?っていう感じになる。

だから、東浩紀的な未来予想図だとリアルmixiみたいな小さな共同体が林立する社会になるだろうっていうことで、それは確かに心情的にも分かるけれども第四章で秋葉原の事件を受けて東氏本人も言っているように個人の実存をmixiは保証する訳じゃないので、結局その安定が脅かされないという保証は出来なくて、故にシステムが構築された後も自分の実存の問題はまた別に自己解決するしかなくて、そう考えるとやっぱりその大塚英志が言うような実存を担保する為の理念形が重要なんじゃないかとも思われ、しかしそもそもそれを支える近代的な公共性がもう耐用年数切れだという認識からリアルmixi的な未来像が出てきた訳でさ‥‥‥‥んー、難し。

と、まあ本書でも何らかの結論っていうモノは当然ながら出ないんだけど、きっと小さなコミュニティが林立する社会では本書のような「ディス・コミュニケート」なやり取りももう見られなくなるように思われ、そういった意味では本書は貴重だし、そういうのがなくなるのが本当に良いのかちょっと考えさせられます。個人的にはお互い了解済みの和やか対談よりこういう闘争的な方が読んでて面白いし。


posted by ケニー at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

SINGLETON。

『ひとりっ子』 グレッグ・イーガン ☆8.5

「多世界解釈」と生まれてくる我が子への愛を巡る表題作、数学的に絶対に存在しないはずの「彼方側」とのファースト・コンタクトを描いた数学SF「ルミナス」、イーガンが追求して止まないテーマであるアイデンティティを扱ったエクストリームな短編「ふたりの距離」など、本邦初訳2篇を含む7篇を収録した、ハヤカワ文庫のグレッグ・イーガン短編集第三弾です。

そもそもSF小説自体を他のジャンルに比べたらほとんど読んでないんだけど、しかしそんな貧弱な読書経験の中でもとても印象深かった作品で『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』っていうフィリップ・K・ディックの有名な作品があって(映画『ブレードランナー』の原作)、その概要は今ではほとんど覚えてないんだけど、その中に出てきた精神状態を好きにコントロールすることが出来る薬(っていうか装置?)が非常に記憶に残ってて、何が言いたいかというとここで露出してる命題がつまるところイーガンが長年アイデンティティ・モノで書き続けている問題なのではないかと。

それはごく簡単に言うと「自由意志」の問題というヤツで、例えば、気分が落ち込んだ時とか「これはイカン」つって楽しい方に持っていくよう精神状態を自由に操作出来るとする。でも、いざ「楽しい」へとスイッチを切り替えようとしても、落ち込んだ時にはそもそもそんな気分にすらなれなくて、だったら「楽しい」に切り替えようとするような前段階の気分に切り替えてから「楽しい」に切り替えれば良いんだけどそれも非常に自己欺瞞に感じられ、結局何もせずに落ち込んだままでいることが「本当」の自分なのではないか、ということになる。つまり、「楽しい」へとスイッチを切り替えるにはその時すでに「楽しく」ないといけないんだけど、「楽しい」時は「楽しい」のスイッチを押す必要がないっていうパラドックスが起こる訳です。で、イーガンの場合はこれが「愛」を巡る問題として現前してくるところがドラマチックであるとともに非常に辛い。

本短編集では「行動原理」、「真心」、「決断者」、「ふたりの距離」などがこのアイデンティティ問題を扱ってるんだけど、僕が個人的に一番唸ったのは「真心」で、簡単にあらすじを紹介すると、ふたりの愛し合っている男女がいて彼らはお互いにお互いを心底必要としててこれから先も共に人生を歩んでいこうと真剣に想い合っているカップル。でも、二人とも過去に昔の恋人との間で手痛い破局を経験していて、今現在お互いに対する愛が全く疑いの余地のないモノであると確信している一方、この先絶対にそれが変化しないとは断言できないでいる。(これ以降はネタバレします)そこで持ち出されるのがインプラントと呼ばれる人間の心理状態を操作できるナノマシンで、彼らが使用を検討しているのはその中でも「ロック」と呼ばれる、その時点の心理状態を一生涯固定するインプラント。恋人である彼女は「愛せるかどうか分からないけれども、私を生涯愛したいというあなたの意志が本物なんだったら、これを使うことに何の躊躇もいらないはず」という論理でもって「ロック」の使用を彼に促す。彼の方も全く嘘偽りなく彼女を愛していてずっと一緒にいたいと本気で想っているのだけど、インプラントの使用に何かしらの抵抗を感じている。

彼はその生理的な嫌悪感を一つ一つ論駁しながら自分の彼女に対する気持ちを精査し、「ロック」によって得られるモノが真に自分たちの求めているモノだと確信して、ついに「ロック」を使用することになる。一応、オチは濁しておくけど、鋭い人にはもうほとんどその後の展開は明らかでしょう。本編では「ロック」を使用してから15年後の現在がさらりと描かれて終わる。このラストは「ふたりの距離」とかも基本的に一緒で、上記の「自由意志のパラドックス」にブチ当たってアイロニックに幕を閉じる。これは凄い傑作と言えるかは分かんないけど、非常にリアルに辛かったです。「愛」を客観視するともうヤバいということは異性と付き合ったことのある人ならみんな実感し、体験しているんじゃないか。でも、それは考えまいとしてもどうにもならないんだよね‥‥。

ちなみに、本短編集はイーガン読んだことない人がいきなり読むのは結構大変だと思うので、手始めに『しあわせの理由』か『祈りの海』をオススメします。

ラベル:小説 SF 短編集
posted by ケニー at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

エレGY。

『エレGY』 泉和良 ☆8.9

チョー久々に小説のレビューです。ホントちょっと前から全然本読まなくなっちゃってレビュー書こうにもネタがなかったんですが、最近になってやっとこさ読書欲が出てきたっぽいので一安心です。このままどんどん頭がバカになっていったらどうしようと思ってました。

という訳で、今回の作品は講談社BOXから出た7月の新刊、第二回講談社BOX新人賞・流水大賞優秀賞受賞作(長いな)にて、乙一や滝本竜彦各氏も絶賛っていう触れ込みで「どれどれ〜?」とばかりに気になって手に取った新人作品です。講談社BOXっていうと僕のイメージでは清涼院流水とか舞城王太郎とか西尾維新とかの講談社ノベルスの流れに連なる新本格メタミステリなややこしくもめくるめくセカイ系レーベルという認識が強くて、『エレGY』も当然そういう感じの講談社の秘蔵っ子か!?と思ってたんだけど、意外にもコレはもの凄くシンプルなラブストーリーでまずその直球なところにちょっとビックリした。

とりあえず、あらすじを紹介しておくと、著者と同名の主人公・泉和良(26歳)は「ジスカルド」というハンドル・ネームを名乗ってフリーウェアの自作ゲームをネットで公開し、そのゲーム関連のグッズ販売(サントラのCDとかファンブックなど)で生計を立てている同人ゲームクリエイター。しかし、当然ながら収入は安定しないし、家賃やら公共料金やらの滞納もしょっちゅうでホントにその日暮らしの生活を続けている。今更就職するなんてどうしても自意識が許さない泉は生活する為と自分を偽りながら、いつしか万人受けするような内容のゲームばかりを作るようになるが、そんな自己欺瞞にも頗るうんざりで自らの無能感だけが日を追うごとに肥大していく。そして、ある日全てが嫌になって血迷った泉ジスカルドは自身のサイトの日記ページに、ほとんど発狂に近い形で「女の子のパンツ姿の投稿写真募集!!!!」という旨の激しくイタい書き込みをしてしまう。次の日、底知れぬ虚無感ともに即座に消されたエントリだったが、見ると一件のメールが来ており、まさか‥‥と疑いながらも開いた添付ファイルには、「エレGY」と名乗る女の子のパンツ姿が写っていたのだった‥‥。

という感じの導入で、ここだけ読むと一見ドタバタラブコメ調に思えるけど実はもっとずっと切実な純愛小説で、これは最近の佐藤友哉の諸作『1000の小説とバックベアード』とか『灰色のダイエットコカコーラ』とかに共通するテーマ、自分の中に存在する拭い難く厄介極まりない自意識と如何に向かい合い、そして乗り越えるかっていうそういう頗る感動的なビルドゥングス・ロマンで、僕はもうなんか正直泣けてしょうがなかった。

「こんなはずじゃない‥‥もっと出来るはずだ」と強く思いながらも、生活の為とか理想と現実は違うとか才能は一握りだとかいろいろな理由で何とか自意識を宥めすかして偽りつつ、苦痛でしかない目の前の雑事を吐きそうになりながらこなし、そうしてしばらくすれば全てに慣れ切ってもしかしたら人並みの生活は出来るかもしれないし、きっと出来るんだけど、でも絶対に安息は訪れないだろうっていう確信めいた絶望感やら空虚感はいつまで経っても燻ったまんまで、だったらもうホントにそれは簡単な話「やるしかない」訳でその「やるしかない」を主人公・泉に今一度与えてくれるのがジスカルドの作るゲームをずーっとずーっと四年間に渡って見守ってきた女子高生「エレGY」で、そんな彼女に出会い、泉はかつて自分が持ってて今は失われてしまった「光=勇気」を、エレGYを経由して再び取り戻す、と。

ラスト辺りで、エレGYから送られてきた初めてのメール(そこではまだ彼女はエリスと名乗ってる)に、泉が四年遅れの返信をするシーンがあって、ここでのメールのやり取りの場面は他に比べるモノがないぐらい素晴らしく美しい言葉のやり取り。これが中二病だというならそれはそれで全く構わないし、そんなのは全くもってどうでもいい。この著者は地の分よりも圧倒的にメールの文章やセリフといった口語表現が上手くて、本当に自分に語りかけられているような、とても気さくで親密な言葉。気付けば、もう、目から汗が止めどなく‥‥。



言い忘れてたけど、主人公の「泉和良」は現実の泉和良とほぼ同じ設定らしい。なので、その作者のフリーウェアゲームのサイト「アンディー・メンテ」のリンク貼っときます。手作り感満載のゲームの数々がヤバい。↓

http://f4.aaa.livedoor.jp/~jiscald/
posted by ケニー at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。